スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅忍不抜

堅忍不抜(けんにんふばつ)

この言葉は私が中学生の卒業アルバムに寄せた言葉です。”継続は力なり”というとおり、貫く事ってとても忍耐の要ることです。途中で諦めたりしてしまうと、ただの頑固者で終わってしまったり、偏屈者と思われてお終いになってしまいます。自分を信じて、やり抜くしかないと思います。途中でやめてしまうと、それは終わってしまいます。諦めてすませられるモノだったら良いのですが、それができないモノ、それで済まされないモノであれば諦めるわけにはいきません。リハビリでプールでのウォーキングをしています。普段、陸上で歩いている時でもフラついて真っ直ぐに歩く事は難しいのですが、一直線に歩くためにはコツがあるのです。それは、一点の目標を決めて、そこに向かって突き進むのです。途中でどんなにフラつこうが、転んでしまっても、又、立ち上がって歩くのです。それを何回も何回も繰り返して体に覚えこませるようにしています。そうした単純で面白くもない事でも、何ヶ月も続けると少しは良くなっていると思うのですが、私の今までおこなってきたリハビリはどれをとっても、無駄な事はなかったと思うし、努力をしてきたことは、決して、無駄な事ではないと思います。
 過去から何かを学ぶ事はできても、過去そのモノを変えることはできない。今(現在)何かをしたって、すぐに過去のモノとなってしまう。でも、今、努力をする事によって、未来のためにはなるんじゃないかな?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。