FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この社会には実にたくさんの仕事もあり、いろんな人がいて、それぞれに条件も違います。大きく分けて健常者とそうでない人、できる人とできない人、できない人がいれば手を貸してあげるでしょう。困っている人がいれば助けてあげる事。それが、”おたがい”だと思います。これをすればどうなるとか、これをやってあげればどうなると言った。損得(利益)の問題とは違うと思います。何も特別な事をしてくれとか、その人の財産等をあてにしているわけではありません。これをやってくれと強いることもしません。自分の中にもともとあるモノ、今まで遣ったことはなかったモノ、があればそれを出してもらえればそれでいいのです。実際に困っている人を助けて上げられなくても、それはそれでいいと思います。他に何をしてあげられなくても自分の事を一生懸命にやっていれば、熱は伝わります。
 知らなくてできない事と知っているのにやらない事とは、全く違うと思います。知っているのに知らん振りしないで、「運が悪い奴」と人事で済ませないで、自分にできることをやってくれればそれでいいと思います。一見、全く関係ない事をしていてもいいのです。他の場所にいる、困っている人のことを心配してくれる気持ちがあればいいのです。できない人の気持ちを分かってくれればそれで充分だと思います。
 ”おたがい”にするべきことをやりましょう。
スポンサーサイト

どんな事も自分の心持しだいで幸せを感じられるモノ。不幸に思うのは自分がそう感じているだけのこと、分相応ってモノがあって、自分の器量では手に入らないモノを嘆いて、不幸だと思っているだけなので、自分の器量をわきまえていれば、どうってことない。「手に入らないけど」どうしても手に入れたければ、自分の器量を変えていけば良いだけの事。たとえ肉体が、状況がどうあっても、心だけは穏やかで衰えないようにしたい。不運な状況でいても、心まで(気持ちまで)不運になる事はない。
 できなくなったこともあるけれど、全くできないわけではない。時間は掛かるけど、前ほど上手くはできないけれど、まだまだ、自分にもできる。時間さえ何とかなれば出来なくはない。一つ一つできることが増えてゆくと、もっともっとという気持ちになり、自信にもつながる。”動けるうちは動く、やれることはやる、そのうちなんとかなる。”と言い聞かせてやっていくうち”筋肉が付くと自信もつく”もんだという事を、最近実感しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。